子育て世代に知って欲しいこと

ローコスト住宅は本当にローコスト?在来工法の中で、真のコストダウンをはかる
















先にも述べましたが、ハウスメーカーでは担当者が転勤になれば、家の諸事情を最もよく知る人も遠くへいってしまうことになり、実質的な生涯サポートは実現しません。そしてローコストを謳った会社がその後もそれだけを売りに存続していくかは誰にもわからないことです。

もちろん私たちもコストダウンを日々努力していますが、それは無駄なところにお金をかけず大切な部分に必要なお金だけをかけるということ。例えば私たちは柱はすべてヒノキを使いますが、それは材木屋だから成せる技。素材から製材、加工までの一環生産であることが大きな強みです。

お問い合わせはこちらから