子育て世代に知って欲しいこと

プレハブ住宅と在来工法のちがい

在来工法というとどんなイメージをお持ちでしょうか?ハウスメーカーの住宅はたくさん宣伝もしているし、大きな会社だから安心?いえいえ、本当にそうでしょうか?たくさん宣伝をしているということはそれだけ広告にお金を費やしており、そのコストを払うのは結局住宅を買う人なのです。

大きいメーカーなら大きいほど様々な人がいるわけで、いい営業マン、いい担当者にあたるかどうか、その人がどこまでつきあってくれるかも大きな問題です。そして最大の難点はほんとうにその住宅で大丈夫かどうかということ。

全国展開するハウスメーカーは基準を松本平においているわけではありません。寒冷地でその住宅は果たして大丈夫なのか?「大丈夫」といえるまでに様々なオプションがかかる場合も多々あるのです。そして工場から運ばれてきた部品を組み立てるだけの構造には弱点も多々ありますし、何より施主様個人の発想を生かす場は限られ、細かな配慮もなされません。

在来工法は昔の家の良い部分を生かしつつ、現代の暮らしにあった新しい発送も取り入れる柔軟な工法です。きめ細かな配慮をし、住み心地や家族の思いを生かすには、やはり熟練の大工さんのチカラが必要です。弊社の家は最初から中信地区にマッチした作りが基本ですから、長く住める丈夫な家です。そしてもちろん自由設計。武居木材なら、自由な発想が可能です。


ローコスト住宅は本当にローコスト?在来工法の中で、真のコストダウンをはかる
















先にも述べましたが、ハウスメーカーでは担当者が転勤になれば、家の諸事情を最もよく知る人も遠くへいってしまうことになり、実質的な生涯サポートは実現しません。そしてローコストを謳った会社がその後もそれだけを売りに存続していくかは誰にもわからないことです。

もちろん私たちもコストダウンを日々努力していますが、それは無駄なところにお金をかけず大切な部分に必要なお金だけをかけるということ。例えば私たちは柱はすべてヒノキを使いますが、それは材木屋だから成せる技。素材から製材、加工までの一環生産であることが大きな強みです。

本当の家づくりとは、幸せになるための場所づくり













武居木材ではライフスタイルに合わせて、間取り、プラン、デザイン、そして快適性に至まで、多岐にわたるご提案させていただきます。私たちのオフィスには、お客さまとゆっくり打合わせをさせていただくための部屋があり、ここで私たちが収集したたくさんの情報をご提供しつつ、納得ゆくまで話し合いをさせていただきます。

家の主人公はご家族です。家は買い物ではなく、創造です。思い描いた夢を、後悔しない形で実現していただくためにも、お客さまとともに造るのが家なのです。お客様の思い入れある住宅にその思いの強さと同じかそれ以上に心をこめて…お渡しするのがおしいくらの気持ちになるまで…。そこまで本気で取組むことが私たちの「当たり前」です。

これまで建てた全住宅がそうであるように、これからお建て頂くあなたの住宅にも全力でおつきあいさせていただきたいのです。宣伝費にお金を払うより、在来工法で適材適所にお金をかけ、なおかつ低コストを目指した家があれば、それは理想ではないでしょうか?

健康のため、住み心地のため、景観のため、延いては幸せのために…これまで先人達が培った日本の文化を受け継ぐ家に住んでみませんか?それは決して高い買いものでも、古くさいものでもなく、日本のカッコよさをモダンに体現する心地よいものであり、家族のための、幸せになるための場所なのです。

在来工法は確かに様々な職人が出入りします。しかしそれだけプロフェッショナルな集団が造る家ということ、職人さんの出入りを安心していただくために、現場に顔写真の看板を日替わりでかけ、「本日は大工の○○がいます」という現場を今後目指していきますので、出入りする人間ともお気軽に、円滑なコミュニケーションを図っていただけます。

お問い合わせはこちらから