高品位住宅

設計基準(耐震バランス設計)

住宅金融公庫建設基準を満たした上で、更に建物構造の強化を図る耐震基準を強化しています。武居木材では、グリッド構成による間取りプラン作成で、構造の安定とバランスを考慮した設計を行っています。

[柱・耐力壁の配置と直下率]

柱の直下率とは2階の柱の下に1階の柱がくる率、
耐力壁の直下率とは2階の耐力壁の下に1階の耐力壁がくる率をいいます。
武居木材が採用している高品位住宅の設計基準では、柱の直下率を60%以上、耐力壁の直下率を60%以上に定めています。


[耐力壁の配置と偏心率]

偏心とは重心と剛心のずれのことをいい偏心が大きすぎると建物はねじれるようにして壊れる可能性がありますが、武居木材ではこれをバランスよく配置しています。
■重心=建物の重さの中心。
■剛心=建物の強さの中心で、壁の配置の偏りで決まる。



お問い合わせはこちらから