高品位住宅

高耐震〔兵庫県基準〕住宅

〔大地震を経験した兵庫県における高耐震住宅を採用〕

ベタ基礎

武居木材の自慢の基礎は、基礎の中に含まれる13mm径の鉄筋が150mm間隔で密に組まれ、これは通常の2倍以上の鉄筋量になります。また、外周部はダブル配筋を施し、より強固に建物を支えています。基礎の立ち上がり部分はベース部分が250mm以上、立ち上がり部分は400mm以上となっており、これは、武居木材の全ての商品で共通です。

金物

建物外周部の出隅の柱と横架材及び土台はホールダウン金物で相互に緊結します。
また、筋交いは筋交いボックス等で、柱、横架材及び土台に緊結するなど、大きな地震にも耐える構造となっています。


基礎パッキン

基礎のところに置いている黒い物体が基礎パッキンです。これは1m間隔で置かれています。
これによって、基礎と土台にすき間ができ、空気の通りをよくしています。シロアリが生息しにくい床下環境をつくるので、シロアリ駆除剤を使わず安全です。



お問い合わせはこちらから